妊娠中にも歯医者へ行っていいの?

妊婦さんもぜひ歯医者に行きましょう。

妊娠中は口の中の状態が変化し、虫歯や歯周病ができやすくなります。 今まで異常がなかった人も、検査を受けると良いでしょう。 妊娠中の通院は大変なこともありますが、検査や治療をしておくことでお母さんの健康はもちろん、生まれてくる赤ちゃんの健康も守ることができます。

妊娠期により注意点が異なるります。

妊娠期別に見た歯科治療

◆妊娠初期(1~4ヶ月ころ)

つわりがひどく流産もしやすい時期なので、長時間の治療や、緊張しやすい治療は避けたほうが良いとされています。 痛みがひどい場合は、医師と相談のうえ応急処置程度にとどめ、安定期に入ってから再開するのが一般的です。

◆妊娠中期(5~8ヶ月ころ~)

母体も胎児も安定し、もっとも治療に適した時期です。この時期に治療を受けるようにしましょう。 特別な異常がなければほとんどの治療が問題なく受けられます。

ただし、親知らずの抜歯やインプラント治療など、いわゆる口腔外科的な処置は避けたほうが良いでしょう。 もし、親知らずが腫れそうな位置にある場合は、早期に抜いてしまうのも選択肢の一つです。

◆妊娠後期(9ヶ月ころ~)

治療の態勢が苦しく、早産のリスクをともなうため治療に適した時期ではありません。 この時期の治療はなるべく避け、応急処置や予防にとどめておく方が良いとされています。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon