検索
  • スタッフ

TCH DH一同


こんにちは(o^^o)

今回は最近話題となっているTCHについてのお話です。

TCHとはTooth Contacting habit(歯列接触癖)と言い、持続的に接触させる癖のことを指します。


接触と聞くと思い浮かべるのは、噛み締めや食いしばり、歯ぎしりなどかと思います。

グッと噛み締めていなくても上下の歯が接する程度でも筋肉の緊張や疲労は生じています。

1日に上下の歯が接触する時間は食事・会話の時で何もしていない時は接触していません。

お口を閉じているときは上下の歯の間に2~3mmの隙間があり安静状態にあります☆


では、どんなときにTCHをしているかというと……

・精神的ストレスが生じたとき

・パソコンなどで集中しているとき

・家事(掃除・料理など)

・TV・ゲーム

など日常のなかでよくあるTCHはこうゆうときです!


もちろんこの状態が続くとお口の中にも影響が出てきます。

・歯の咬合痛

・歯周病の悪化

・充填物の脱離

・舌痛症  などです。


ご自身でTCHかどうか確かめる方法としては……

・舌の先端・周縁部に圧痕がある

・ほっぺたのところに咬んだときの線が白くできている

・唇と上下の歯を別々に動かすことが困難

このようなことがあればTCHかもしれません。


緩和するためには気付いたときに 歯を離す 力を抜くと書いたメモを貼ったりして

意識を変えていくことが大事になります。

気付くということは本当に大切です!!


筋肉疲労でこわばっている顎は寝ている時にも無意識の噛み締め・歯ぎしりなどの症状を起こすことがあり、起きたときに歯の違和感・顎の疲労感・頭痛などTCHが様々なところに関わっている可能性が考えられますので、こんな症状がある方は一度ご相談ください(^^)/


12月も残りわずか!雪が降りそうなくらい寒くなっていますので体調管理をしっかりして2017年の残りを乗り切っていきましょう☆☆



31回の閲覧

最新記事

すべて表示

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?②

今回は「歯磨き習慣を再確認」と「仕上げ磨きはまだまだ必要!」 についてご紹介いたします。 三つ目 「歯磨き習慣を再確認」 赤ちゃんのころからスタートした歯みがき習慣は、 4歳の今、しっかりと継続できているでしょうか? このころは、乳歯が永久歯に生えかわる直前の、 お口の要注意時期でもあります(>_<) 自我が芽生えてきて、大人の真似を好むようになってくる この時期特有の習性も利用して、家族で正しい

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?

4歳の歯で気をつけたい注意点全部で7つあります! まず1つ目は 「4歳は虫歯の要注意時期です!」 家庭内で甘いお菓子を禁止していたとしても、4歳ともなると、 お友達との付き合いや園行事などで口にする機会が多くなってきます(>_<) そんな4歳は、虫歯の要注意時期といえます。 この時期に虫歯ができてしまうと、 永久歯への悪影響もおよぼす恐れもあります(>_<) 虫歯のチェックやクリーニング、フッ素塗

4歳の歯はこんな状態③

前回の記事に引き続き生え替わりについてお話をします。 永久歯が見えなくても、乳歯がグラグラしていなくても 生えかわり準備は進行しています\(^_^)/ 表面上、目に見える変化はなくとも、 骨の中では着々と永久歯への生えかわりが 進行しているのが、4歳の歯の状態です♪ そもそも、永久歯はまだ乳歯が 生えそろう前の赤ちゃん期から、 骨の中では着実に作られ始めています。 4歳を迎えるころになると、 前歯

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon