検索
  • スタッフ

妊娠期 DH一同

 こんにちは(o^^o)

今回は妊娠期の歯周病についてのお話です。

妊婦さんから 歯ぐきからの出血が増えた と言うことをよく耳にします。

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌により歯ぐきが赤くなったり、腫れることが起こりやすくなりある種の歯周病菌の増加が促進されます。


つわりによって歯ブラシをすることが困難になったり、食事回数の増加・嗜好の変化によりプラークの蓄積が進み歯ぐきからの出血が起こりやすくなります。


これらの症状は出産後にホルモンバランスが落ちつくと改善されます☆


妊娠期の歯ぐきの出血は個々にあったセルフケア方法を取得し、歯科医院での口腔清掃を行うことで改善できます!!


以前より出血が多くなり気になる などちょっとした変化は見逃してはなりません。

ご自分の体の変化に気付き困ったことがありましたらお気軽にご相談ください☆


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?②

今回は「歯磨き習慣を再確認」と「仕上げ磨きはまだまだ必要!」 についてご紹介いたします。 三つ目 「歯磨き習慣を再確認」 赤ちゃんのころからスタートした歯みがき習慣は、 4歳の今、しっかりと継続できているでしょうか? このころは、乳歯が永久歯に生えかわる直前の、 お口の要注意時期でもあります(>_<) 自我が芽生えてきて、大人の真似を好むようになってくる この時期特有の習性も利用して、家族で正しい

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?

4歳の歯で気をつけたい注意点全部で7つあります! まず1つ目は 「4歳は虫歯の要注意時期です!」 家庭内で甘いお菓子を禁止していたとしても、4歳ともなると、 お友達との付き合いや園行事などで口にする機会が多くなってきます(>_<) そんな4歳は、虫歯の要注意時期といえます。 この時期に虫歯ができてしまうと、 永久歯への悪影響もおよぼす恐れもあります(>_<) 虫歯のチェックやクリーニング、フッ素塗

4歳の歯はこんな状態③

前回の記事に引き続き生え替わりについてお話をします。 永久歯が見えなくても、乳歯がグラグラしていなくても 生えかわり準備は進行しています\(^_^)/ 表面上、目に見える変化はなくとも、 骨の中では着々と永久歯への生えかわりが 進行しているのが、4歳の歯の状態です♪ そもそも、永久歯はまだ乳歯が 生えそろう前の赤ちゃん期から、 骨の中では着実に作られ始めています。 4歳を迎えるころになると、 前歯

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon