Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
検索
  • スタッフ

食後すぐの歯みがきは歯を溶かす?

 酸性の炭酸飲料に歯の象牙質部分を90秒浸したあとにお口の中に戻し、歯みがきのタイミングによる酸の浸透を調べた論文が発表されました。

これが元になり、食後すぐの歯みがきは歯を溶かすといった情報が流れたようです。

ところが、これは虫歯とは異なる「酸蝕症(さんしょくしょう)」の実験です。 実際には歯の表面は酸に抵抗のあるエナメル質でおおわれているので、

酸性飲料を飲んでも象牙質と比べて酸の浸透はそれほどありません。

さらに、唾液には酸を中和する働きもあります。 酸性飲料を頻繁に摂取するといった特別な状態でない限り、

一般的な食生活を送っていれば歯が溶ける酸蝕症は起こりにくいと考えてかまいません。

ただし、炭酸飲料を飲んだあとは歯の表面がやわらかめになっているので、

すぐに歯みがきをすると歯を傷つけてしまう恐れがあるのは確かです。

6回の閲覧