検索
  • スタッフ

歯みがきのやり方をチェック(幼児編)③

食後の歯みがき習慣はついている?


理想は、毎食後とおやつの後の歯みがきができていること。

ただし、お母さんもまだ忙しいでしょうから現実には難しいかもしれません。 食事のたびに歯みがきをするのがどうしてもできない場合には、寝る前の歯みがきを特にていねいにしましょう。

どんなに忙しくても、就寝前の歯みがきだけはしっかりとやってくださいね。 寝ている間にお口の中の細菌は急激に増加します。

朝起きたときには、寝る前の約30倍に増えているといわれているのです。


デンタルフロスを使っている?


歯ブラシだけでは、歯と歯の間の汚れまできちんと落とせません。

ここに歯垢が残ると虫歯や歯周病になってしまうので、デンタルフロスをときどき使いましょう。

歯ブラシだけよりも、デンタルフロスを使ったケアをしているほうが歯垢の除去率が61%から79%に上がります。 歯と歯の間にすき間がある子の場合は歯ブラシだけで汚れを落とせますが、

すき間がない場合にはデンタルフロスを使用する習慣をつけましょう。


子どもは自分で歯みがきできる?


3歳になったら、お子さんが自分で歯を磨けるようになっていてほしいものです。

幼児用の歯ブラシを持たせ、自分で歯みがきをする習慣をつけさせておきましょう。 ただし、この時期にはまだ上手に磨けなくても構いません。

本人が楽しく磨けていれば大丈夫です。 そのかわり、磨き残しを親御さんが必ずチェックして仕上げ磨きをしっかりとしてくださいね。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?②

今回は「歯磨き習慣を再確認」と「仕上げ磨きはまだまだ必要!」 についてご紹介いたします。 三つ目 「歯磨き習慣を再確認」 赤ちゃんのころからスタートした歯みがき習慣は、 4歳の今、しっかりと継続できているでしょうか? このころは、乳歯が永久歯に生えかわる直前の、 お口の要注意時期でもあります(>_<) 自我が芽生えてきて、大人の真似を好むようになってくる この時期特有の習性も利用して、家族で正しい

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?

4歳の歯で気をつけたい注意点全部で7つあります! まず1つ目は 「4歳は虫歯の要注意時期です!」 家庭内で甘いお菓子を禁止していたとしても、4歳ともなると、 お友達との付き合いや園行事などで口にする機会が多くなってきます(>_<) そんな4歳は、虫歯の要注意時期といえます。 この時期に虫歯ができてしまうと、 永久歯への悪影響もおよぼす恐れもあります(>_<) 虫歯のチェックやクリーニング、フッ素塗

4歳の歯はこんな状態③

前回の記事に引き続き生え替わりについてお話をします。 永久歯が見えなくても、乳歯がグラグラしていなくても 生えかわり準備は進行しています\(^_^)/ 表面上、目に見える変化はなくとも、 骨の中では着々と永久歯への生えかわりが 進行しているのが、4歳の歯の状態です♪ そもそも、永久歯はまだ乳歯が 生えそろう前の赤ちゃん期から、 骨の中では着実に作られ始めています。 4歳を迎えるころになると、 前歯

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon