検索
  • スタッフ

☆動物さんのお家☆

お友達が作ってくれた動物さんのお家の中を紹介します♪

ここはらくださんと子犬のお部屋!

仲良く葉っぱを食べてるとこです♡

お友達が二階に遊びに行こうとしてるよ!


ぞうさんのお部屋!

ぞんさんの鼻からでる水を

植物の花で例えてました!!


すごいですよね?!

言われてみれば確かに鼻から出てくる水は花束のようですよね!!

それをレゴで例える子どもの発想力!!!!!!!

素敵ですね♡


◈ゾウの鼻はどうして長いの◈

鼻が短いゾウはいませんが、もしゾウの鼻が長くなかったらどのような影響(えいきょう)があるのかを考えてみましょう。ある動物園に、ネズミに鼻をかじられて鼻が使えなくなったゾウがいました。このゾウは、鼻が使えないために、食べるときも飲むときも、そのたびに前あしを折ってかがまなければならなかったようです。そして、このゾウは、やがて体が弱って死んでしまいました。 ゾウがあの大きな体をかがめるには、かなりのエネルギーが必要です。このゾウは、えさを食べたり水を飲んだりするたびに、いつもいつも大量のエネルギーを使わなければならなくなったために、つかれて、体が弱り、ついに死んでしまったのです。 大昔、ゾウは今のような巨体ではありませんでした。約6000万年前にいたゾウの先祖(せんぞ)は、今のバクのような動物で、鼻も短かったのです。このころゾウの先祖は湿地(しっち)や森林にすんでいました。しかし長い間に進化するにつれ、生活の場を草原にうつし、だんだんと体が大きくなっていったのです。 体が大きくなると、水を飲んだりするのにもエネルギーを使うようになります。そのようななかで、鼻が少しでも長いと生きていくのに便利だったのです。そのために、ゾウはだんだん鼻の長い仲間だけが生きのこり、数がふえていきました。そして、ついに鼻の長いゾウだけが生きのこり現在のようになったのです

引用 https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1130.html

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?②

今回は「歯磨き習慣を再確認」と「仕上げ磨きはまだまだ必要!」 についてご紹介いたします。 三つ目 「歯磨き習慣を再確認」 赤ちゃんのころからスタートした歯みがき習慣は、 4歳の今、しっかりと継続できているでしょうか? このころは、乳歯が永久歯に生えかわる直前の、 お口の要注意時期でもあります(>_<) 自我が芽生えてきて、大人の真似を好むようになってくる この時期特有の習性も利用して、家族で正しい

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?

4歳の歯で気をつけたい注意点全部で7つあります! まず1つ目は 「4歳は虫歯の要注意時期です!」 家庭内で甘いお菓子を禁止していたとしても、4歳ともなると、 お友達との付き合いや園行事などで口にする機会が多くなってきます(>_<) そんな4歳は、虫歯の要注意時期といえます。 この時期に虫歯ができてしまうと、 永久歯への悪影響もおよぼす恐れもあります(>_<) 虫歯のチェックやクリーニング、フッ素塗

4歳の歯はこんな状態③

前回の記事に引き続き生え替わりについてお話をします。 永久歯が見えなくても、乳歯がグラグラしていなくても 生えかわり準備は進行しています\(^_^)/ 表面上、目に見える変化はなくとも、 骨の中では着々と永久歯への生えかわりが 進行しているのが、4歳の歯の状態です♪ そもそも、永久歯はまだ乳歯が 生えそろう前の赤ちゃん期から、 骨の中では着実に作られ始めています。 4歳を迎えるころになると、 前歯

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon