検索
  • スタッフ

やさしく丁寧に磨く(乳児)

 みがき残しをしないように、お口の中がよく見える状態でみがくことが大切です。 子どものお口は小さいため、

やみくもに歯ブラシを入れてゴシゴシこすってしまうと

歯ぐきや粘膜を傷つけてしまう恐れがあります(>_<)

歯ブラシを持っていないほうの手で唇をそっと広げると、

お口の中が見やすくなります☆  そのためには、お母さんの両手が使える姿勢でなければなりません。

また、歯みがきを嫌がる子の場合には、頭を動かさないように十分に注意しましょう。 急に動かれると、歯ブラシがのどの奥に入ってしまう危険があります。 ひざの上に寝かせた状態で頭を固定する、

もしくはもうひとりに抱っこしてもらった状態で歯をみがくとよいでしょう。 無理に押さえつけてみがくと、歯みがきをますます嫌いになってしまうので気をつけてください。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?②

今回は「歯磨き習慣を再確認」と「仕上げ磨きはまだまだ必要!」 についてご紹介いたします。 三つ目 「歯磨き習慣を再確認」 赤ちゃんのころからスタートした歯みがき習慣は、 4歳の今、しっかりと継続できているでしょうか? このころは、乳歯が永久歯に生えかわる直前の、 お口の要注意時期でもあります(>_<) 自我が芽生えてきて、大人の真似を好むようになってくる この時期特有の習性も利用して、家族で正しい

4歳の歯で気をつけたい注意点とは?

4歳の歯で気をつけたい注意点全部で7つあります! まず1つ目は 「4歳は虫歯の要注意時期です!」 家庭内で甘いお菓子を禁止していたとしても、4歳ともなると、 お友達との付き合いや園行事などで口にする機会が多くなってきます(>_<) そんな4歳は、虫歯の要注意時期といえます。 この時期に虫歯ができてしまうと、 永久歯への悪影響もおよぼす恐れもあります(>_<) 虫歯のチェックやクリーニング、フッ素塗

4歳の歯はこんな状態③

前回の記事に引き続き生え替わりについてお話をします。 永久歯が見えなくても、乳歯がグラグラしていなくても 生えかわり準備は進行しています\(^_^)/ 表面上、目に見える変化はなくとも、 骨の中では着々と永久歯への生えかわりが 進行しているのが、4歳の歯の状態です♪ そもそも、永久歯はまだ乳歯が 生えそろう前の赤ちゃん期から、 骨の中では着実に作られ始めています。 4歳を迎えるころになると、 前歯

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon