検索
  • スタッフ

やさしく丁寧に磨く(乳児)

 みがき残しをしないように、お口の中がよく見える状態でみがくことが大切です。 子どものお口は小さいため、

やみくもに歯ブラシを入れてゴシゴシこすってしまうと

歯ぐきや粘膜を傷つけてしまう恐れがあります(>_<)

歯ブラシを持っていないほうの手で唇をそっと広げると、

お口の中が見やすくなります☆  そのためには、お母さんの両手が使える姿勢でなければなりません。

また、歯みがきを嫌がる子の場合には、頭を動かさないように十分に注意しましょう。 急に動かれると、歯ブラシがのどの奥に入ってしまう危険があります。 ひざの上に寝かせた状態で頭を固定する、

もしくはもうひとりに抱っこしてもらった状態で歯をみがくとよいでしょう。 無理に押さえつけてみがくと、歯みがきをますます嫌いになってしまうので気をつけてください。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

子どもも歯石を取った方がいい理由とは?④

毎日の歯磨きと歯医者さんでケアを 歯石を防止するためには、毎日の歯みがきが欠かせません。 歯石は歯垢が固まってできたものですので、 歯垢の段階で除去すれば、歯石の発生を抑えることができます。 もし、歯石がついてしまったら、なかなか自宅ではケアできません。 もし、仕上げ磨きの際などに歯石にお気づきになりましたら、 健診の際に歯石を取る事も可能ですので、お気軽にご相談下さい☆

子どもも歯石を取った方がいい理由とは?③

口臭予防も期待できる なかには、お口のにおいで悩んでいるお子さんも少なくないようです。 口臭が気になって授業に集中できなかったり、 友だちとの関係に支障をきたしたりする例もあるようです。 そんな場合、歯石を取ると改善される可能性があります。 歯石は虫歯菌や歯周病などのばい菌の巣になっていることがあり、 それらが悪臭を放つため、巣ごと排除してしまえば悪臭が出る心配がなくなるのです。 もちろん、これは

子どもも歯石を取った方がいい理由とは?②

ばい菌が繁殖しやすいから? 子どもでも歯石がついた状態というのは好ましくありません。 その理由のひとつは、ばい菌が繁殖しやすくなるということです。 歯石は、歯垢が固まったものですが、 そこは虫歯や歯周病などが増えやすい環境なのです。 歯石を除去することでそれを防ぐことができます。

Nagoyashi,Moriyamaku,Kitayama 2-2-4

Tel: 052-792-1338

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon